不倫神話を解体せよ

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても良いでしょう。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たような仕事をしています。でも、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればいいのではありません。浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。そういう時には、依頼した人のことを一番に気にかけてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。探偵を信頼してもいいか判断するには、相談した時の対応などで慎重に判断する事を心掛けてください。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえてとんでもない修羅場になってしまうのは、映画やドラマでよく描かれます。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも方法としてアリです。離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。

日常生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくてもできますが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がトラブルなく、確実に結果が得られます。そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

どのような行為をしているか記すことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、その習慣が変わってしまいます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを断定ができたら、動き方をよく見ていると、浮気の決定的な証拠をつかむ見込みが増えます。
pairs

相手に気づかれないで誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要となる機材や技術があります。浮気の現場をカメラにおさめても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。浮気の調査を探偵に任せると、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

地図上の場所がわかる機械を用いて、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、現場を押さえられると考えられます。懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。